The United Nations Office for Project Services (UNOPS)

ダルフールにおける安全な水へのアクセス

ダルフール地域は深刻な水不足を含む多くの課題に直面しています。特に都市部周辺における継続的な人口増加は、水の供給やインフラを圧迫しています。

これを受けて、日本とUNOPSは東西ダルフール住民の安全な水へのアクセス改善に取り組みました。


東ダルフールでは、水を媒介とした感染症を予防するため、人と家畜用の給水所が分けられ、柵も設けられました。6か所の給水所が修理され使えるようになりました。これにより5万人が安全な水を飲めるようになりました。

西ダルフールでは、UNOPSは給水所を作り、これをさらに18の新しい配水所に接続しました。本事業により約2万人の生活が支えられています。


続きを読む(英語)