The United Nations Office for Project Services (UNOPS)

アフガニスタンにおける再生可能エネルギー供給の向上


再生可能エネルギーはアフガニスタン政府の戦略的優先事項です。ヘラートは交易路の要所であり、農業と貿易において重要な地域である上、国内避難民 (IDPs)の流入が著しく、現地の電力需要は増大しています。アフガニスタンは2032年までに95%の電力を再生可能エネルギーで生成するという政府目標を立てています。

この支援のため、日本政府の支援の下、UNOPSはヘラート西部に毎年3,000MWhの電力を生産する太陽光と風力による複合エネルギープラントを建設しました。

アフガニスタンにおける電力供給改善のため、UNOPSは太陽光と風力による複合発電プラントを建設。 ©UNOPS


続きを読む(英語)